神戸から世界へ!の願いを込めて…「村元姉妹」こと、タイでフィギュアスケートの指導者として頑張る・姉「村元小月(さつき)」さんとアイスダンス日本代表の妹・「村元哉中(かな)」選手を応援するブログです。
フィギュアスケート07-08シーズンパーフェクトガイド…★☆☆
フィギュアスケート07-08シーズンパーフェクトガイド (ブルーガイド・グラフィック)
フィギュアスケート07-08シーズンパーフェクトガイド (ブルーガイド・グラフィック)

90ページ〜93ページがジュニア特集。

ジュニアグランプリシリーズ各大会、派遣される選手の紹介。
さっちゃんの写真はアメリカ大会の所、恐らくエキシビションの写真。
他の子はスナップ写真だけに、さっちゃんもそっちの方を見たかったです(笑)
ジュニア強化合宿レポート、無良君と町田君の対談などもあり。

白黒写真ながら、まずまずの内容かと思われます。

この雑誌、海外の有名無名問わず、多くの選手のプロフィールが載っていて良かったです。
雑誌・TVレビュー comments(0) trackbacks(0)
日本女子フィギュアスケート公認ブック2007-2008・・・★★★
日本女子フィギュアスケート公認ブック2007-2008
日本女子フィギュアスケート公認ブック2007-2008

表紙に名前が掲載されています。
「ソチへ!ネクストジェネレーション」の項目に「村元小月」の名前が掲載。

表紙の「ソチへ!ネクストジェネレーション」+イタリア合宿密着レポートにもちらほら。
卓球大会が開催されたそうで、水津VS村元対決の勝敗はいかに???
ちっちゃい写真がちらほらと「ウォーリーを探せ」ならぬ「さっちゃんを探せ」状態?

水津瑠美ちゃんのインタビューページに、奈也ちゃんとさっちゃんの3ショット。

「ソチへ!ネクストジェネレーション」は、西野友毬選手や中村愛音選手など
次世代の有力選手の特集で、さっちゃんはそのトップバッター!

エキシビションの写真+濱田コーチの愛のメッセージ。
「見た目も美しく、不得意がない。全てにおいて平均点」と誉めつつ
「今足りないものは「勝ちたい!」という意欲。いつもおっとりしていて無理をしない」 との厳しいお言葉も。

「女子」応援ブックだけに、なかなか濃い内容です。
雑誌・TVレビュー comments(0) trackbacks(0)
フィギュアスケートFLASHBACK…★★★
フィギュアスケート FLASHBACK (ブルーガイド・グラフィック)
フィギュアスケート FLASHBACK (ブルーガイド・グラフィック)
実業之日本社

880円と言う値段の割に、情報量が多くておすすめの1冊。

シーズンリザルト完全版に、全日本ジュニアの表彰台写真(白黒)が掲載。
Campionsipsの大会〜小さなローカル大会まで、順位が掲載されていて興味深い。

世界ジュニア選手権の大きな特集記事。
55〜61ページまでの、かなり大きい特集になっています。

男女各選手、4分の1ページずつ試合の状況を紹介。
「村元小月、PBをマーク!」という見出しに、フリーのI字スピンの写真。
さっちゃん、初出場ながらパーソナルベストを更新して11位と言う大健闘。
3Fは、成功率を高めていた中、大会2週間前に右足の甲を怪我をしてしまった為、
今回は3Fを見送り、ノーミスを目指す戦い方に切り替えたそうです。
ショートで2Aを降り切り、次の動作へ行く途中の転倒があり(このパターンはジャッジ泣かせだそう)
フリーは、着氷毎に濱田コーチが「わぁ」と大歓声(TVでもばっちりでしたね、コーチのはしゃぎっぷり)
大きなミスもなく、スピンでもI字スピンを含む全ての要素をこなし、レベル4を獲得。
「次は3回転の種類を増やしてまた来たい!」と意欲を見せていました。

3Fは、翌シーズンから精力的に取り組んでいます。成功率も徐々に上がってるし
是非、「また出る」チャンスを掴んで欲しいものです。 そして3Fを決めて欲しいです。

1番最後。「TEAM JAPAN雪山ハイキング」も必見。
世界ジュニアの出場メンバーで、ネーベルホルン峰へ雪山ハイキング。
(韓国代表のチェファ・キム(金彩華)選手、田中達也選手(香港代表?)も一緒に)
試合が終わり、リラックス&アットホームな雰囲気で、見ていてほのぼのしてきます。
さっちゃん、おいてけぼりを食らいそうになりかけたとか(笑)
雑誌・TVレビュー comments(0) trackbacks(0)
毎日ムック フィギュアスケート07…★☆☆
フィギュアスケート―世界選手権がもっと面白くなる! (07) (毎日ムック)
フィギュアスケート―世界選手権がもっと面白くなる! (07) (毎日ムック)

「フィギュアスケート界に美女が多い理由」

「浅田姉妹に続く美人姉妹」と、姉妹それぞれの写真が掲載。
全日本の前に「順位は気にせず楽しんで!」と送り出したエピソードを紹介。

「エッジ系VSトゥ系 得意はどっち?」

の、トウ系のグループにさっちゃんの写真。
エッジ系…アクセル、サルコウ、ループで感覚。タイミングが命。
トウ系…トウループ、フリップ、ルッツ。自己分析し、頭で考えて飛びやすい。

この雑誌いわく、このような分類ですが
さっちゃんはどちらかと言うとエッジ系じゃないかな…
現段階では、3Fより、2A、3S、3Loの方が成功率高いし。
そう考えたら、さっちゃんの分類はエッジ系では…?この特集は謎。

この本、よく言えば「辛口」で、他の関連雑誌とは一線を画す内容なのですが
読んでて「寒っ」と突っ込んでしまったコーナーもあったり…私には???な本でした。
斬新な切り口!とも言えなくはないのですが、ハッキリ言って、好き嫌いが分かれます。
ともあれ、こんなに早い段階で「村元姉妹」を紹介してくれた事は感謝です。
雑誌・TVレビュー comments(0) trackbacks(0)
フィギュアスケートDays.Vol.2…★★☆
フィギュアスケートDays vol.2 (2)
フィギュアスケートDays vol.2 (2)

巻頭特集に「兄弟&姉妹スケーター」

まさに、村元姉妹の為にあるコーナーと言ってもいいですね。
彼女たち以外にも、多くの姉妹・兄弟スケーターがいるんですね。
そんな多くの兄弟・姉妹スケーターの中で、写真のみの掲載。
「第二の浅田姉妹と呼ばれる美人スケーター」との紹介でした。

「全日本選手権完全レポート」

女子の大会結果に、さっちゃんの写真が掲載。
新人賞受賞者インタビューとの事で、さっちゃんと町田君がそれぞれインタビュー。

フリーの自己採点は、100点中60点と厳しい評価。(スピンの失敗もあったので)
お客さんが多く驚いたけど、とても楽しく演技が出来た。
閉鎖した醍醐リンクについての事、今後の課題は「もっとジャンプを入れる事」
もっと上を目指し、難しいジャンプを成功出来るようになりたい。表現力を磨く事も課題。
また全日本に出たい。その際はフリーの最終グループに入る事が目標。

「日本スケートリンク事情」

「第五スケート濱田チームの1年半」と題された、濱田コーチのインタビュー記事が。
醍醐リンクが閉鎖され、関西大学のリンク、冬季営業の京都アクアリーナ、
大阪のアクアピア(ほぼ奈良県寄り)などを転々とし、リンクの確保に苦労されている話なのですが、
これが、村元姉妹の環境なんだと思うと胸が痛みます。
神戸から京都、ってだけで大変なのに、アクアピアなんて大阪でもほぼ奈良県寄り。
日本人にとってフィギュアスケートは「オリンピック選手を育てたいなら力の入れがいがある競技」
ブームといえども、認知度が低い現実。サッカーのよう地域密着にした方がいいとの事、
「夏の練習があってこそ、冬のシーズンの結果が出る」だからこそ、通年リンクが必要なんですね。

シビアな内容なのですが、その中で濱田チームがアットホームな仲で頑張っているし
厳しい環境の中で、結果を出せる選手がちゃんと居る。前向きな内容でもあります。

「全日本ジュニア選手権レポート」に、さっちゃんの写真が2点掲載。
「振り付け師相関図」の「トム・ディクソン」の項目、
「全日本2006勢力分布図」の「兵庫県」にそれぞれ名前のみ掲載。
(全日本に出場した兵庫県の選手は、愛知県に次ぐ2番目。全員24位以内に入る快挙)

何気に内容が濃い!この1冊も村元姉妹ファンにとっておすすめ。
雑誌・TVレビュー comments(0) trackbacks(0)
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
MOBILE
qrcode
村元小月(むらもとさつき)
1990年5月15日生まれ
関西大学卒業
2013年選手を引退後はタイでフィギュアスケートの指導者として活躍中。
詳しくはこちら
村元哉中(むらもとかな)
1993年3月3日生まれ
2014年からアイスダンスに転向。クリス・リード選手と共に平昌五輪出場を目指しています。
関西大学4年生
木下クラブ

詳しくはこちら

メールフォーム