神戸から世界へ!の願いを込めて…「村元姉妹」こと、タイでフィギュアスケートの指導者として頑張る・姉「村元小月(さつき)」さんとアイスダンス日本代表の妹・「村元哉中(かな)」選手を応援するブログです。
村元小月選手・メラノカップ出場

11月12日〜15日、イタリア・メラノで開催される「メラノカップ」に
村元小月選手が出場されます。

シニア選手として、初の国際大会デビューとなります!

メラノカップは、小月選手が昨シーズン出場したJGPSメラノ大会と同じ場所。
ジュニア最後の国際大会と、シニアデビューの国際大会が同じリンク。
JGPSは、本来の実力が発揮できず、悔しい思いをされた事と思いますが
シニアデビューの今大会では、そのうっ憤を晴らして頂き、
シニアでも、世界で戦える選手となって頂けたらと思います。

小月選手に、今大会への抱負をお伺いした所
「いい演技が出来るように頑張ります!」との事でした。
「表彰台乗ってきてね〜」「うふふ(笑)」なんて会話をしましたが
出場選手がこれまた豪華!笑って表彰台と言えるメンバーではなさそうです。

・カロリーナ・コストナー(言わずと知れた、イタリアのエース)
・ヴァレンティナ・マルケイ(メラノカップ2連覇中。ニース2位)
・タマル・カッツ
・ヴィクトリア・ヘルゲッション
・高山睦美(むっちゃんさっちゃんで頑張ってきて!)

などなど、豪華過ぎて、コーチ共々真っ青ではなかろうかと…
ニース4位入賞で、哉中選手のWorldStandingsが92位に浮上
小月選手は現在95位で、逆転されています。入賞を目指して欲しいです。

日本スケート連盟「メラノカップ」
http://www.skatingjapan.or.jp/whatsnew/detail.php?id=110

メラノカップ公式サイト
http://www.iceclubmerano.com/

ニースに引き続き、メラノで観戦されている方からのご厚意で
現地情報を提供していただける事になりました!
情報が届き次第、Twitterか当記事にて更新します。

■試合スケジュール

シニア女子ショート、11/14・16:48〜19:47(11/15・0:48〜3:47)
シニア女子フリー、11/15・12:13〜15:38(11/15・20:13〜23:38)
(カッコ内が日本時間です)

■SP

Starting Order
http://www.iceclubmerano.com/Download/Merano-Cup-2009/MeranoCup-2009-Starting-Order.pdf

滑走順がアップされています。
こちらによると、小月選手は第2グループの3番目、全体で8番目の滑走。
現地時間、11/14・17:30:35〜17:36:40(細かっ!!)
日本では、15日1時半前後と言った感じでしょうか。

小月選手、55.57点
パーソナルベスト更新で2位発進!


Carolina Kostner 58.17
Satsuki Muramoto 55.57
Valentina Marchei 49.45
Tamar Katz 48.80
Viktoria Helgesson 48.08
Isabel Drescher 47.23
Mutsumi Takayama 46.48

現地から送って頂いたSP順位です。
(頂いたメールまんまコピペさせてもらいましたが(笑)修正しました)
コストナーとさっちゃん、50点台後半で抜きんでていますね!
国内ではミスが続いたSP、心配していましたが
さすが本番に強いさっちゃん。国際大会デビューで会心の演技とは!

上位2名のTES+PCSだけ教えて頂きましたが
コストナー:29.24+28.94、小月選手:32.57+23.00
TESはコストナーを上回っていて、PCSの差と言った感じです。

メラノカップ公式サイトに、早速順位表とプロトコルがアップされています。

シニア女子SP・順位表
http://www.iceclubmerano.com/Download/Merano-Cup-2009/SeniorLadies_SP_Result.pdf

シニア女子SP・プロトコル
http://www.iceclubmerano.com/Download/Merano-Cup-2009/SeniorLadies_SP_JudgesScores_woSJD.pdf

小月選手、3Lo、3S+2T、2A。スピン・ステップ・スパイラルが全てレベル3。
ニースの哉中選手同様、上位各選手ミスを重ねてしまった中
ノーミスでしっかりまとめ、上位に食い込むことができました。

■フリー

小月選手、フリーは最終滑走です!
しかも、カロリーナ・コストナー選手のあと…

現地より滑走順を送って頂きましたので、掲載します。
最終グループのみ。(高山睦美選手は第3Gの3番目です)

Valentina Marchei
Tamar Katz
Viktoria Helgesson
Carolina Kostner
Satsuki Muramoto

現地時間、14:51:45〜14:59:00(やっぱり細かい^^;)
日本時間では、22:51〜23:00頃です。

試合終了したようです。

小月選手、フリー3位で総合2位!
シニア国際大会初メダルを獲得されました!


<フリー順位>
Carolina Kostner 109.23
Valentina Marchei 86.10
Satsuki Muramoto 82.53
Tamar Katz48.80 80.68
Helgesson Viktoria 79.59

<総合順位>
Carolina Kostner 167.40
Satsuki Muramoto 138.60
Valentina Marchei 135.55
Tamar Katz 129.48
Helgesson Viktoria 127.67

点数は、今シーズンの小月選手的には…ですが
「コストナーへの大声援が鳴りやまない中で演技が始まり
とても緊張したと思います」との事です。

[小月]試合・エキシビション comments(14) trackbacks(0)
小月選手@西日本選手権

村元小月選手、西日本選手権優勝おめでとうございます!

ショートでは、惜しいミスが出てしまいましたが
フリーでは、圧倒的な強さで逆転優勝を飾られました。

競技結果
http://www.skatingjapan.jp/National/2009-2010/fs/west/index.htm

■ショート

得点詳細
http://www.skatingjapan.jp/National/2009-2010/fs/west/data0203.htm

ジャッジスコア(PDF)
http://www.skatingjapan.jp/National/2009-2010/fs/west/data0203.pdf

近畿ブロックで、度肝を抜かれた噂の「背中パックリゴージャス衣装」
間近で衣装を見ましたら、胴体のラインストーンがびっしり!
ギリギリまでいっぱいつけてみました!みたいなびっしり具合。
かなりゴージャスです。大盤振る舞いです。

間近で見ても素敵なんですが、少し遠くで見ると更にいい!
近くで見るとゴージャス、遠くから見ると+上品。
白いリンクに、すらっと伸びる紫色の腕!
色白のさっちゃんに本当によく似合います。
背中パックリの、大胆コスチュームにも関わらず
いやらしさを感じさせないんです。やっぱりこのコスチューム素敵だわ〜。

肝心の試合内容はと言うと…3Loは、着氷地点がちょうど私の目の前で
若干バランスを崩しそうになりながら、踏ん張っていらっしゃるように見えました。
着氷の瞬間「おっとっと!」みたいな顔をされていました。
表情から察するに、ちょっと際どい着氷だったのかも?
回転不足かも?と心配してしまいましたが、それは大丈夫で
ビシッ!と決まった時は、GOE+1.00はつくのですが、
今回は+0.20だったようです。回転足りてて良かった〜!

続く3S-2Tは、近畿と同じく3Sで転倒してしまいました。
6分間練習では、難なく決めていたのに〜!2Aは難なく着氷。
観戦場所が場所なだけに、時折見づらい部分も多かったのですが、
ジャンプの着氷の瞬間や、スパイラルの通過点など、
なかなか間近で見る事が出来ないので、貴重な体験ではありますが
サーキュラーステップの、全身の使い方などがちょっと見えにくかったです。

コンビネーションジャンプが惜しかった〜〜〜!!
体調不良だった近畿よりは、身体は動かせていたと思いますよ!

■フリー

得点詳細
http://www.skatingjapan.jp/National/2009-2010/fs/west/data0205.htm

ジャッジスコア(PDF)
http://www.skatingjapan.jp/National/2009-2010/fs/west/data0205.pdf

リンクサイドからの観戦の醍醐味は、選手の表情がよく見える事。
顔をじっくり見るのは初めてです。最初は少し固い表情でした。
リンクの感触を確かめるように周回し、毎度お馴染みの中央でのバックスクラッチスピンで
ウォーミングアップの後、黒い上着を脱いで、ジャンプの練習に入られました。

6人6様の6分間練習。
最終グループともなると、それまでの6人とは雰囲気が違います。
とても丁寧に、自分の滑りを確認する選手も居たり、
ジャンプがなかなか決まらず、首をかしげる選手もいたり、
元気印の選手が、緊張で顔を強張らせていたり…
その中で、小月選手は、静かに自分自身を高めていく。
終盤ともなると、試合さながらの鋭いジャンプも見られ
固い表情から、凛々しい勝負師の顔になっていました。
滅多に見られない、特別な場所から見たものは
「静かなる闘志」であり「クールな勝負師」の表情でした。

最終グループの魔物、と言うべきでしょうか?
一番滑走の選手から、小さなミスを重ねてしまう選手
危うげな転倒をしてしまう選手、従来のスピード感や勢いを失う選手、
それぞれに「全日本への切符」を意識した中、本来の滑りを見失う選手が多い印象。

その中で迎えた小月選手の演技。

得意の3Loをぶちかまし、2Aも鋭く、続く3Sも落ち着いて決めました。
映画はまだ見ていないので、イメージでしか言えませんが
主人公が、刀でバサバサと敵を切り倒していく。
この冒頭3つのジャンプにはそんなシーンを思い浮かべます。
今日はドーナツスピンの軸も安定しているように見えました。
3Tも難なく決め、スピードに乗ったスパイラルはY字スパイラルが美しい!
手足がスラリと長いので、Y字のポジションがキレイなんですよね。

怒涛の後半戦。3S+2T+2Tの3連続ジャンプも完璧!
(に、見えたのですが、最後の2Tが回転不足だったようで惜しいです)
3T−2Aのシークエンスは、残念ながら2Tになってしまい
単独ジャンプになってしまいました。その後の2A+2Tは完璧。
ここまでの演技で、会場の空気を変えました。

「私について来い!」と言わんばかりの、ストレートラインステップ。
去年は、リンクサイドから濱田先生に「スピード!(出せ)」と言われていましたが
クライマックスに向けて、徐々に高まっていく音楽に合わせ
スピードアップしながら、丁寧に力強く踏むステップには、
濱田先生も、その言葉を掛ける必要はないでしょう。
ぐいぐい引き込まれる、力強いステップ、背中がまぶしかったです。

「97.91」点数が読み上げられ、奥の電光掲示板に表示された瞬間
周囲からどよめきが起きました。私も歓声を上げてしまいました(笑)
近畿ブロックよりは、確実に高得点とは思ったけど、
100点近い点数を叩き出した事に驚きました!
昨年の西日本は98.93点。フリーで100点を超える日、近いと思います。

[小月]試合・エキシビション comments(0) trackbacks(0)
第35回西日本選手権大会

10月30日〜11月1日、岡山県倉敷市「加計学園倉敷アイスアリーナ」で開催される
第35回西日本選手権大会、(シニア)女子の部に村元小月選手が出場されます。

西日本に関する記事は、こちらへコメントをお寄せください。

村元哉中選手は、11月4日〜フランスで開催される「クープ・ド・ニース」出場の為
今大会はスキップされます。出場される事はありません。
小月選手は、この試合に全日本行きの切符がかかっている大きな大会となっています!
まずまずの体調ながら、好成績を収めている小月選手。
今年は念願の「西日本優勝」を期待したいです。さっちゃんガンバ!!!

今大会から「twitter」を利用した、現地速報を試みてみます。

https://twitter.com/tahko119

速報は全て上記アカウントで行う予定です。(ブログ記事はその後更新します)

■試合結果

<SP>

ショート終って第2位。46.96、おそらく-1.00がついてるはず。
近畿とおなじミス、3S-2Tの3Sで転倒してしまいました…
ん〜勿体ない。だけど、他でしっかりカバーして近畿より点数を上げてきました。

<FS>

97.91点、大逆転で144.87。
西日本優勝!初制覇となりました!
さっちゃんおめでとう!


近畿の比じゃない、もー「かっこいい!」としか言いようのない素晴らしい演技。
後半の3T-2Aのシークエンスで、3Tが2Tになって続けられなかった以外
ほとんどの要素を完ぺきにこなし、それまでの空気をガラッと変えました。
シークエンスを決めていたら、100点を超えていたんですよ!
選手ご本人も「こんなに点数が出るとは思わなかった!」と、びっくりされていました。

そして、全日本出場も決まりました。3位以内は四大陸選手権の候補になるそうで
全日本の結果次第では、その夢も現実になりそうです。
やはり、目標は「全日本最終グループ」との事で、活躍を期待しています!

詳細なレポートは、後日あげます。

■観戦情報

http://www.skatingjapan.or.jp/whatsnew/detail.php?id=82&sports_id=2&type=event

入場料が1000円(3日間通し券)、会場内にパイプ椅子を200脚用意との事。
会場に売店がなく、昼食用弁当を販売されるそうです。
会場へのアクセスが、倉敷駅か新倉敷駅かのタクシーしかないようです。
実際の様子はtwitter内で随時あげていきます。(土日観戦される方のご参考になれば…)

小月選手の出る、シニア女子ショートは30日の17:30〜21:05
フリーは、11月1日の14:50〜18:35となっています。

日本スケート連盟による大会結果ページ
http://www.skatingjapan.jp/National/2009-2010/fs/west/index.htm


[小月]試合・エキシビション comments(2) trackbacks(0)
第3回西日本学生フィギュアスケート選手権大会

10/23〜10/25、大阪府立臨海スポーツセンターで開催される
「第3回西日本学生フィギュアスケート選手権大会」(西インカレ)に
関西大学・村元小月選手が出場されます。

小月選手は「Aクラス女子」での出場。
時間は最終日の25日、12:55〜15:45です。

日本スケート連盟による大会結果サイト
http://www.skatingjapan.jp/National/2009-2010/fs/intercollegiate-w/index.htm


日本学生氷上競技連盟
http://www.k3.dion.ne.jp/~gakuren/subf.html


大学生と言えば「インカレ」ですよね!楽しみにしていた試合の1つです。
関西大学からは、最多5名もの出場です。
先輩たちに負けることなく、自分の力を出し切って欲しいです。

■試合結果…(83.29点/女子Aクラス1位)

得点詳細
http://www.skatingjapan.jp/National/2009-2010/fs/intercollegiate-w/data0205.htm

ジャッジスコア(PDF)
http://www.skatingjapan.jp/National/2009-2010/fs/intercollegiate-w/data0205.pdf

初の西インカレ、初優勝おめでとうございます!

さっちゃんまたしても一番滑走!
小月選手、水津瑠美選手、井上はるか選手と
各大学、期待の1年生が続いた第一グループ。
美女大集合で「目の保養じゃ」とオヤジ目線(笑)で楽しませて頂きました。
水津選手とは、リンクサイドで何やら楽しげにじゃれ合っておられました。

6分間練習では、おなじみ!?のリンク中央でバックスクラッチスピンで始まり
主にジャンプの確認をされていました。
何度かは、クリーンに決まっていたのですが、いつものキレ味がなく
この時点で「いつものさっちゃんらしくないなぁ」と思っていました。
村元ママから「月曜日に靴を新調したばかり」と聞いていたので
今日は慣らし運転かなぁ?と思いつつ、見守らせて頂きました。
スケート選手は、よく靴の悩みを抱えていらっしゃいますが
私もマイシューズ持ってますが、最初はキツいんですよ。
エッジも変な感じだし、そんな中で飛んだり回ったりは大変だと思います。

大学の先輩達のエールを受け、いざ一番滑走。
(去年の西日本ほど緊張している雰囲気はなかったです)

まず、3Lo、2A、と難なく決めて3Sがパンク。
ドーナツスピンは、素人目から見てちょっとバランスが不安定だったかも?
3Tを決めたのち、レイバックスピン。
今日もビールマンスピンを回避されていましたね。
スパイラルシークエンスは、難なく決めておられました。
ちょっといつもよりスピード感がなかったかな?

3連続ジャンプ、3Sでステップアウトしてしまい、続けられず。
3T-1Aのシークエンス。
最初の3Tがあやしく見えたのですが、回転不足だった模様^^;
2A-2Tはなんとか決まったかな?と思ったのですが
こちらも、両方とも回転不足だった模様。
その後の演技は、特にミスなくまとめているように見えましたが
ちょっと元気がなかったかな?と言った印象でした。

今日はちょっと、いつもの小月選手らしくない演技でしたね。
「kill Bill」の攻撃的な構成、スピード感が活かしきれず。
伝家の宝刀!?3Loも今日は切れ味が鈍目に見えたし
ご本人も「今日はちょっと…」とおっしゃっていました。

そんな中でも、団体戦の責務を果たして
見事1位に輝き、関西大学のぶっちぎり首位に貢献しました。
関大の先輩達も、皆さん素晴らしい演技をされ、全員が10位以内に入賞。
「強い関大」を見せつける、圧倒的な試合でした。



↑強い関大を背負うエース!?(または見返り美人の図)

念願の、関大ジャンバー姿を撮らせていただけました♪
脱いで腰に巻いていらっしゃったのに、写真の為にわざわざ羽織って頂き
「見返り美人の図」までリクエスト…図々しいファンですみませんm(_)m
さっちゃん、ありがとー!!

さっちゃん怒濤の試合ラッシュ、本番はこれからです!
西日本までに、靴を慣らしていい演技が出来る事を願っています。

さっちゃんガンバ!

[小月]試合・エキシビション comments(7) trackbacks(0)
小月選手@近畿ブロック

村元小月選手、余裕と貫禄で近畿ブロック2連覇達成!
と、言いたいのですが、実はハラハラドキドキだった、2日間の記録です。

ショート4位、フリー1位で133.38でした。

競技結果
http://www.skatingjapan.jp/National/2009-2010/fs/block5/data0290.htm

■ショート…44.30(25.70+19.60、-1.00)4位

得点詳細
http://www.skatingjapan.jp/National/2009-2010/fs/block5/data0203.htm

ジャッジスコア(PDF)
http://www.skatingjapan.jp/National/2009-2010/fs/block5/data0203.pdf

リンクサイドで、紫色のスカートが見えたので
「今シーズンは紫か〜」と思ったら、上着を脱いでびっくり!
キルビルのセクシーなミニスカートにもびっくりしましたが
これまた「ええっ!」と驚くコスチュームでした。

濃い紫で、背中が大胆に開いているセクシーなデザイン。
ホルターネックの首もとにも、ラインストーンがびっしり。
胴体の中心部から、放射状?渦?のように全体に散りばめられたラインストーン。
上品かつゴージャス。これぞ大人の女性!と言わんばかりのデザイン。
毎シーズン、センスの良いコスチュームを着用されていますが
こんな衣装も着こなせるようになったのね〜、としみじみ。
シニア選手だからこそです。とってもよく似合っています。

小月選手自身の成長もありきの上で、コスチュームが選手の動きを
しっかり引き立てています。特に、腕の動きが良く引き立つんです。

演技終了後、村元ママに早速「衣装が素敵です!」と伝えたら
「いつもの衣装屋さんだよ」「今回のものは色々細かく注文したからね」
と、仰っていました。衣装屋さん、GoodJobです!

関大スポーツの記事に、噂のコスチューム写真が載ってます。
http://univ.nikkansports.com/press/kanspo/iceskate/006092.html

演技の方ですが、7月に関大で見た時以上に良くなっていました。
体調不良と言われなければ分らない位、しっかりした演技に見えました。
3S-2T、コンビネーションジャンプの3Sで転倒があり
それさえ無ければ、さすが小月選手と言った貫禄の演技でした。

7月に見た時、サーキュラーステップが見せ場になると思ったのですが
複雑な上半身の動き、何よりも腕の使い方が素敵でした。
コスチューム効果もありますが、腕が長く優雅に見えるんです。
ゆったりした曲なのに、スピード感も感じました。
演じてる選手、結構なスタミナを要する動きだと思います。

ビールマンスピンは、首が痛むからとの事で回避されたようです。
村元ママ曰く「首が痛くて動かせない位」との事。
その中で、あんな3Sの転倒の仕方はさぞ痛かった事でしょう。
結構派手な転び方されていたので。にも関わらず、何事もなく、
すぐに立て直せたのは偉いなと思いました。

■フリー…89.08(46.28+42.80)1位

得点詳細
http://www.skatingjapan.jp/National/2009-2010/fs/block5/data0205.htm

ジャッジスコア(PDF)
http://www.skatingjapan.jp/National/2009-2010/fs/block5/data0205.pdf

「Battle Without Honor or Humanity」からの幕開けは、EXと同じ。
最初にビシッ!と3Loを決めてから、畳み掛けるような形で
2A、3Sと続きます。攻撃的な楽曲に、攻撃的な出だし。

グリーンホーネットのテーマに乗り、フライングシットスピン。
さすがに、競技でウインドミルはしませんね。
上げた足を肩で留めるヘアカッターのポジション。
首が痛くて、ビールマンスピンを避けたと聞きましたが
今日もそうされたのかもしれません。その後、難なく3Tを決めました。

ここで、EXにない曲が挟まります。
哀愁漂う感じ?いかにも映画音楽と言った曲でした。
このパートと、最後の曲はキル・ビルのサントラにはないものでした。
(キル・ビル1のサントラしか聞いてないのですが…1にはないと思う)
スパイラルシークエンス。お見事なY字スパイラルがインパクト大です。

続いて3連続ジャンプ。
素人目の贔屓目には、ばっちり決めたように見えましたが
回転が足りていなかったようで、残念です。
後半で、しっかり決まればインパクト大でしょう。
3T-2Aのシークエンスには明らかなミス。
最初のトゥループでパンクして、体勢を立て直せないまま、
そのまま強引に続けてしまったかな?
見た目だけでは、ここしかミスらしいミスには見えませんでした。
2A+2Tは、そんなミスの後で何とか建て直せました。
この辺りで、Twisted Nerveの口笛に代わり、いよいよ終盤。
EXよりも、上半身の動きのしっかりした力強いストレートラインステップ。
フィニッシュポーズもばっちり!

なんて攻撃的な、エネルギッシュな構成なんだろう!
全日本最終グループに向けて、殴り込みを掛ける強い気持ち!
後半に、3連続ジャンプ、シークエンス、コンビネーションをまとめて
高得点を狙う戦略なのでしょう。
体力的に大変な後半に、これらを持ってこられたのは
フィジカルトレーニングの賜物なのかもしれません。
昨シーズンよりも力強く、スピード感が増したように見えます。

そして、何よりも。初戦にも関わらず、余裕と貫禄を感じました。
プログラム対して、揺るぎない自信を持っているように見受けられました。
シェイリーン・ボーンさん直伝、遊び心満載のEXに対し
「全日本最終組で滑るんだ!」と言う強い気持ちを表す競技版。
それぞれに、違った魅力があります。一人でも多くの方に見比べて欲しいです。

関大スポーツに、写真とコメントがあります。
http://univ.nikkansports.com/press/kanspo/iceskate/006124.html

[小月]試合・エキシビション comments(0) trackbacks(0)
【7/5追記】関西大学「応援感謝DAY」

7月4日、関大大学アイスアリーナにて開催される「応援感謝DAY」に
村元小月選手が出演されます。

関西大学関係者向けのイベントです。今回は、関係者が最優先ではありますが、
人数の余裕があればとの事で、一般からの観覧も受け付けて下さいました。
運良く観覧させて頂ける事になりました。この場を借りて、お礼申し上げます。

いつも、多くのイベントを開催し、地域交流に積極的な関西大学アイスアリーナ。
ですが、高槻市民、関大関係者以外には縁がなく、参加したくても出来ませんでした。
今回、よくぞ一般観覧も受け付けて下さいました!本当に感謝しています。
これを機にでいいので、時々は、一般にも門戸を開いて下さい。

内容は…スピードレース、フィギュアスケートエキシビション、アイスホッケー紅白戦との事。
フィギュアスケート部から、村元小月選手、町田樹選手、金彩華選手、澤田亜紀選手が出場。
さっちゃんに久しぶりに会える♪何滑るんだろう?新しいナンバー?
唯一見ていない「House of  the Flying Daggers」のEX版?何でもいいや〜

<7月5日追記>

12時頃に関大アリーナに到着。外で待っていると、管理棟からひょっこりと登場。
こんな暑い日に、涼しげな顔で黒いタートルネックのセーター!
思わず「暑くない?」と聞いたら「大丈夫(笑)」と余裕のさっちゃん。
その格好のまま、外で軽くウォーミングアップを始めたり…見てる方が暑かった(笑)

本番。まずは6分間練習。Tango Amoreの衣装で登場。
関関戦でもやっていた、KAISARSのロゴの真ん中でバックスクラッチスピン。
ロゴの真ん中で、というのはこだわりなんでしょうか?
後は、流しながら、シングルアクセルなど、軽くウォーミングアップ程度でした。

瀬藤愛里選手のアナウンスで、戦績を紹介され「好成績を収めました」的な紹介を経て
今日、披露してくれたのは「黄昏のワルツ」でした。
今日はTango Amoreなんだ〜と思ってみていたら、単に衣装だけでした。
氷の甲子園で着用していた、青×緑のハイネックの衣装が新しいコスチュームだと思ったら
「まだコスチュームは作っていない」「2年前位のものを適当に引っ張り出した」との事。

まず、曲がさっちゃんにピッタリ!これぞ「村元小月」と言いますか。
ジュニア時代に使っていたとしたら、ちょっと味気ないものになっていたかも。
色々な経験、表現力や自信を備えた今だからこそ挑戦出来る楽曲。
シニア2年目で、ちょっとお姉さんになったさっちゃんだからこそのセレクトと思いました。

主催者側に「写真OK」の許可を頂き、写真を撮りながらの演技だったので
ぼやけた印象しかないのですが…スパッ!とキレキレのループも健在だったし
前後の流れのある2Aなど、ジャンプの調子はまずまずだったかなと思います。
さっちゃんの、軸の真っ直ぐした「素直なジャンプ」が久々に見られて嬉しかったです。

スパイラルに、Y字スパイラルを取り入れて、昨シーズンより難しい事にトライ?
Y字スパイラル、バランスもよく足もちゃんと上がっていて、良かったです。

事前に聞いていた情報では「サーキュラーステップが見どころ」との事ですが
上半身の動きも増し、特に指先までしっかり行き届いています!ブラボー!
ちょっと、音とズレちゃった部分があったのですが、これから滑りこなせば
クリアできるでしょう。ここが曲とぴったり合えば、大きな見せ場となるでしょう。
かなり複雑な動きも多く、やってる本人は大変そうですが。

ドーナツスピン〜の、ビールマンスピン。ピン!と足が上がってる感じが◎。
ちょっと、よろけてしまう所が多かったのは御愛嬌って事で(笑)

関関戦の時は、怪我や大学入学で、十分な練習が出来ない状態でしたので
いいコンディションとは言えない中、団体戦の責任を果たしたと言う印象でした。
今はしっかり練習出来ているんだな。と感じる演技でした。
今シーズン、このプログラムで、日本だけでなく世界で戦って欲しいです。

これは個人的な感想ですが…演技中、太田由希奈さんを思い出しました。

太田さんも、選手時代に使用されていた曲。かつて同門だった時代もあり
雰囲気も似ていて、彷彿させるものがあってもおかしくはないのかもしれません。
2年前の京都フェスティバルで、さっちゃんの後に登場した太田さんを見て
指先までの動き、全体の柔らかさ、全体の空気を包み込むオーラ…
全てに圧倒され、鳥肌が立ちました。別格の演技でした。

「将来はさっちゃんもあんな風になって欲しい」と、切に願った記憶があります。

今回のこの演技を見て、その思いが少し近づいたかも?と嬉しく思いました。
太田さんは、現在プロスケーターとして活躍され、
「Ave Maria」はご自身の振り付けとの事。このナンバーも素敵です。
将来は、コーチや振り付け師など、幅広く活躍される事と思います。
いつか、太田さんにプログラムを作って頂けたらいいな!絶対似合うと思う!

(太田さん早く怪我が治りますように。この場よりお見舞い申し上げますm(_)m)

写真、何枚か撮らせて頂きましたので、別記事にて紹介します。

以前の告知記事は「続きを読む」で隠しておきました。

続きを読む >>
[小月]試合・エキシビション comments(2) trackbacks(0)
村元小月選手・関関戦に出場

4月12日、関西大学アイスアリーナで開催される「関関戦」に、
関西大学代表として、村元小月選手が出場されました。
女子大生となったさっちゃんの、初々しいデビューを見守ってきました。

12時前に関大アリーナに到着。
ちょうど、かなちゃんが練習を終えた頃で、それを待つ村元ママとばったり。
「13時ぐらいからだってー」と教えて頂いたので、
それまでの間、関大キャンパスの反対側にある「摂津峡」の桜祭りを見に行きました。

      

(クリックすると大きな画像が見られます携帯ではどうかな?))

見事な桜並木!
ちょっと風が吹くと、はらはら〜と花びらが落ちてこれまた美しい。
もちろん、脳内では「さくら」が流れていました。
桜祭りの会場まで歩き、ビールで乾杯!といきたい気持ちをぐっと抑えて
屋台でお茶と焼きそばを買い、桜の木の下で「ひとりお花見」。
たっぷりの自然に癒され、運動不足解消もしたし、いい暇つぶしになりました。

初の関大アリーナにお邪魔します!
入口から大ちゃんと織田君がのパネル写真がお出迎え、中には例の大きな垂れ幕。
思ったよりこじんまりしてるなー、スタンド席もシンプルなものだしと、
キョロキョロ観察モードの私。こじんまりしているとは言え、キレイで立派な施設でした。

13時頃に始まり…フィギュア女子、男子、スピードスケートの順番でした。
関学・中村詩夢選手、関大・村元小月選手、関大・瀬藤愛里選手、関学・中西亜里選手
関大・澤田亜紀選手、最後に関学の淀粧也香選手…と言う滑走順。

リンクサイドには、関大ジャンバーを羽織った新一年の村元小月選手の姿が!
先輩達と円陣を組み、気合を入れて6分間練習へGo!
6分間練習では、KAISERSのロゴのど真ん中でバックスクラッチスピン。
ゆっくり流しながら、軽〜くシングルやダブルで調整。2Aはキレイに決まってました。
それ以外のジャンプはぼちぼちかな?と、言う印象です。あんまり練習出来てないらしいし。

今回は特別ルールなのかな?見ていて「あれ?」みたいな部分が多く
「ショートにしては飛ぶジャンプ多いよね」「こんなナンバーやっけ?」と、いちいち隣に確認の私。
人づてに聞いた話なのですが、この大会独自の3分ルールのようで
新プロの人もいれば、ショート・フリーをベースに構成や曲を編集した方もいて
男女ともに、タイムバイオレーションの選手が多かったです。(2分40秒ぐらい)
全員ショートならショートで、統一すればいいのに…
見てる方もちょっと違和感があったし、選手達もやりづらそうでした。

(追記:「3分間のフリー」なんだそうです。フリーを3分に編集し直した選手もいるし
ショートをそのままの秒数で滑った選手もいるのだそうです。補足下さった方ありがとうございます)

関西大学・村元小月のデビューは、フリーの「House of The Flying Daggres」
このナンバー、「ジュニア版」「シニア版」「国体版」(怪我で大幅な構成変更があったので)
「3分フリー版」「エキシビション版」…と、何気に色々パターンがあるんですよね。

冒頭のフリップは両足。ストン、とキレイに決まってたのに〜!!
2AはOK、1度転倒があって、3-2のコンビネーションもなんとか付けた感じ。
ん〜、いつもの軸の美しいジャンプとはちょっとほど遠いかな…
怪我や大学生活のスタートで、満足な練習が出来ていないと伺っていたのですが。
I字スピンはあったのですが、ビールマンスピンやドーナツスピンなど
複雑なポジションは避けていたようです。あとスパイラルもなかった記憶が…
最後のスピンがぐだぐだ気味でした。恐らく、何処で〆るか迷ってたのでしょうね。

テクニカルメリット…5.1、4.9、4.8/プレゼンテーション…5.3、4.9、5.0
順位は確認していませんが・・・恐らく1位が関学の淀さんで、さっちゃんは2位だと思われます。
小月選手が1位でした!関大デビュー戦にして1位は、幸先のいいスタートですね♪
(コメントで教えて下さったjinさん&miさん、メールで突っ込みを下さった方ありがとうございました。
これからはもっとちゃんと確認します。両選手と混乱された方申し訳ありませんでしたm(_)m)

自分の演技が終わってからは、関大ジャンバーを羽織って
リンクサイドから、一生懸命先輩たちの応援に勤しむさっちゃんなのでした。

大学生ともなると、運営のお手伝いもお仕事のうち。
この後のスピードスケートの運営、設営や後片付けに、部内のミーティング…などなどもあって
大忙しのさっちゃんなのでした。帰りもかなり遅くなるようで…御苦労さまです。
ばたばたと、あっちこっちを動き回って忙しくされていました。
自ら先輩に「手伝いましょうか?」と声をかけ、椅子を運んだり
新入部員さん、一生懸命頑張っていましたよ。偉いぞさっちゃん!

忙しそうだったので、ちょこっとご挨拶しただけで留めました。元気そうで何よりでした。

本当は、関大アイスアリーナを背後に、関大ジャンバー姿を撮らせて欲しかったし
大学生活のお話なども聞きたかったけど…ジャンバー姿は、これから幾らでもチャンスがあるので
いつかまたお願いしてみます。初々しいこの姿も、すぐに板につくのでしょうね。
大学の話は、姉妹に質問の方に組み込んだし、村元ママのお話を絡めて紹介したいと思います。

摂津峡の桜と、関大敷地内の豊かな自然。そして、さっちゃんの元気な姿に癒された日曜日なのでした。
試合内容は…ですが、元気そうな姿と、大学生活を楽しんでいる様子が見られて良かったです。


<4月15日追記>

氷上の戦い制す!(関大スポーツ)
http://univ.nikkansports.com/press/kanspo/iceskate/004841.html

期待の新星のデビュー戦。しっかりまとめ勝利に貢献した小月選手。
小月選手のコメントを読むと…順位を間違えて本当に申し訳ありませんでしたm(_)m

[小月]試合・エキシビション comments(7) trackbacks(0)
第77回全日本選手権・女子フリー
12月25日〜27日、長野ビッグハットで開催される全日本選手権大会に村元小月選手が出場されます。
シニア初参戦ですが、通算2度目の出場となります。
ショート終わり、31.60+21.48=53.08で現在第8位につけています。
今年のシーズンベストを更新しました。

ショート終わり「失うものは何もない。思い切ってやりたい」と強気の発言をされています。
上位6選手以外で、50点台に乗せているのは村上佳菜子選手と2名のみ。
大きなミスがなければ、10位以内も射程圏内です。
会場で応援される方、今夜はTV放送があるか未定ですが、昨夜の放送を見て
村元小月の名を知った、なんて方も是非彼女へエールを送ってあげてください。
コメント欄は、選手ご本人またはご家族もチェックして下さっているので
他選手やジャッジの批判、ネガティブな書き込みはご遠慮くださいますようお願いします。

なお、本日の滑走順は17番、第3グループの5番目の滑走となります。

■TV放送予定

会場内で、携帯のワンセグにて放送をチェックしました。
村上佳菜子ちゃんの後「いよいよ上位6人が」と言うので、
あー、フリーの放送は無理かぁと諦めたのですが、フリーも放送してくれました。
途中からしかチェックしていませんが、いい勉強になったと言っていましたね。
TVを見られた方の感想を是非お寄せください。

12月27日
19:00〜19:15 みどころ
19:15〜21:24 女子ショート
2008全日本フィギュアスケート選手権(フジテレビ

■現地レポート・結果

6分間練習では、2Aで一度転倒した以外、3S、3Tなどは無難に決めておられます。
傍目からは悪くない印象です。昨日の方が不安だった印象でした。

演技ですが、3F、今日も果敢に挑みましたが…残念。今回は回転不足に転倒ですね。
3Loは美しく決まりました。最近ループは加点がつく位安定しています。
珍しく3Tで着氷が乱れました。ここ最近の試合には珍しいミスでしたね。ご愛敬かしら?
あとはちゃんとまとめられたと思います。ステップも勢いがあったし(ちょっとつまづいたかも?)

48.17、46.44、-1で合計93.19、総合146.27。
最終結果は、ショート8位、フリー7位、総合8位でした。

シニア1年目にして10位以内に食い込み、前回の9位を上回る結果となり良かったと思います。

目標では「6位以内に入りたい」と、おっしゃっていましたが
やっぱり、会場で見ても「上位6人の壁」はまだまだ厚いなと感じました。
日本の女子シングルの上位6名=世界のトップクラスですもんね。
世界女王が2人もいるんですよ。非常にハイレベルな戦いです。

百戦錬磨のベテラン選手の中を、さっちゃんがそう簡単に割って入れるほど、
上位6選手は甘くないなぁ…と実際に見てひしひしと感じました。
上位に割って入る気持ちは凄く大事なことですし、
ファンとして強気な発言は頼もしいのですが…ファンだからこそ言わせてください。

「小月!まだまだこれからだぞ〜!」

実際に、シニアの選手として出場して、自分自身の実力が分かったと思います。
まだまだ色々な課題はあるでしょうが、これからまだまだ伸びる可能性があるとも思いました。
シニアデビューの全日本としては、言う事なしの結果だと思っていますが、
だからこそ敢えて、目標に関しては厳し目の言葉を使わせて頂きましたm(_)m

この日記の発言を、来年の全日本では覆して欲しいものです。期待しています。
[小月]試合・エキシビション comments(7) trackbacks(0)
第77回全日本選手権大会・女子ショート
12月25日〜27日、長野ビッグハットで開催される全日本選手権大会に村元小月選手が出場されます。
シニア初参戦ですが、通算2度目の出場となります。

今大会への抱負は「いい演技が出来るよう頑張ります」との事です。
12/23放送の特番では「6位以内に入れたら」との強気な発言も!
(フリーの最終組狙いと言う意味かな?)
現地にて観戦される方(放送されるかは未定ですが)TVの感想
小月選手への応援メッセージはこちらのコメントにお寄せください。

■概要

エントリー/競技結果など(#27のエントリーとなっています)

女子ショートは14:50〜17:55を予定。
小月選手は第3グループの1番滑走です。タイムスケジュールによると、15:30〜の予定。
第3グループは、村元小月選手、鈴木真梨選手、浅見一葉選手、澤田亜紀選手、武田奈也選手、今井遥選手です。

■TV放送予定

小月選手の演技、放送されました。期待のニューヒロインとの事で
2007年のDOI、関大で井上はるか選手とトレーニングをしている様子
西日本選手権の映像かな?インタビューもあったようです。

12月26日
19:00〜19:15 みどころ
19:15〜21:24 女子ショート
2008全日本フィギュアスケート選手権(フジテレビ

■現地レポート・結果

時間がやや遅れ、開始が15:33開始予定です。

得点は53.08点と西日本をやや上回る、シーズンベスト。(西日本は53.06)
ノーミスの落ち着いた演技が出来ました。
3S2Tのコンボ、ドーナツスピンが不安定だったり、ステップで慎重になりすぎて
メリハリが足りなかったり…細かいミスはありましたが、
大きな失敗がなく尚且つ50点に乗せられました。
大舞台でこれだけ出来たら上等でしょう。よく頑張りました。

最終結果。ショート終わって現在8位です。

目標だった「最終組」の6人には割って入れなかったけど、なかなかのいいスタート。
上位6名様は別次元とし、50点台に乗せたのは佳菜子ちゃんとさっちゃんのみ。
恐らく、順位的にもテレビ放送してくれるかな…期待。
現地で映し出されるリプレイ映像、なかなかいい顔していましたよ!

明日は第3組の5番目の滑走になります。
鈴木真梨、宮本亜由美、村上佳菜子、淀粧也香、村元小月、澤田亜紀(敬称略)
[小月]試合・エキシビション comments(14) trackbacks(0)
第77回全日本選手権大会・女子フリー

12月25日〜27日、長野ビッグハットで開催される全日本選手権大会に村元小月選手が出場されます。
本日27日は、女子フリープログラムが行われます。
小月選手への応援メッセージ、現地・TV観戦の感想などはこちらにお寄せください。

■ショートプログラム詳細

全日本選手権エントリー/リザルト

ショートプログラム現地観戦レポートは「第77回全日本選手権大会・女子ショート」をご参照ください。

■TV放送予定

小月選手の演技が放送されるかは未定です。

12月27日
19:00〜19:15 みどころ
19:15〜21:24 女子フリー

2008全日本フィギュアスケート選手権(フジテレビ)

■現地レポート・結果

フリーも引き続き現地で速報を行う予定です。
TV放送が終わるまで「続きを読む」の先に速報を記しておきます。

[小月]試合・エキシビション comments(0) trackbacks(0)
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
MOBILE
qrcode
村元小月(むらもとさつき)
1990年5月15日生まれ
関西大学卒業
2013年選手を引退後はタイでフィギュアスケートの指導者として活躍中。
詳しくはこちら
村元哉中(むらもとかな)
1993年3月3日生まれ
2014年からアイスダンスに転向。クリス・リード選手と共に平昌五輪出場を目指しています。
関西大学4年生
木下クラブ

詳しくはこちら

メールフォーム