神戸から世界へ!の願いを込めて…「村元姉妹」こと、タイでフィギュアスケートの指導者として頑張る・姉「村元小月(さつき)」さんとアイスダンス日本代表の妹・「村元哉中(かな)」選手を応援するブログです。
Asian Open2014@Punn TANNIRANDORN
パンちゃんことPunn TANNIRANDORN選手。12歳。

小月先生曰く「大人しいです。あまり表に感情を出さないけど
芯の強い子です。(我が強い部分もあると)コツコツ努力しています」

「日本の選手で好きな選手は?」と聞いて
横でテームズが「ハニュー!」と言ってもノーコメント。
「小月先生との練習は楽しい?」と聞いても
ノーコメントを貫いていたパンちゃんでした(笑)
ボソッと「楽しくない…」と言って、先生びっくりしてましたね^^;

プログラムはカルメン。

始まってびっくりしたのが、ジャッジへのアピール!

asian13.jpg

asian14.jpg

ジャッジ側から見て(今回の客席はジャッジ側にしか客席がない)
ジャッジへの熱烈なアピールには、ドキドキさせられました!

asian15.jpg

パンちゃんのカルメンは、シニア選手のカルメンと引けを取らないぐらい
情熱的な雰囲気が出ていたように思います。

asian16.jpg

癖のない自然なスケートは、現役時代の小月さん。
アピールと踊り・表現力は、哉中選手のまさにそれ。
村元姉妹のいい所取りみたいなスケートなんですよね。

asian17.jpg

最後、スピンをし損ねてしまい、投げ出しちゃうみたいな形で終わり。
この投げ出し方も、ジュニア時代の哉中選手を思い出す…(笑)
(「焦っちゃったんですよ」との先生のコメント)

asian18.jpg

キスクラで憮然とした顔。そして悔し涙を流すパンちゃんを
一生懸命宥める小月先生。点数が思ったよりも出たようで
よかったじゃない!と、褒めて、やっとこさ笑顔が出てきました^^

試合の翌日。先生に通訳してもらいパンちゃんに伝えました。

「ジャッジに情熱的にアピールする姿にはびっくりしたしとても感動した。
頑張って更に上を目指して欲しい。あなたなら行けるはず。
ぜひ日本のスケートファンにもパンちゃんの演技を見て貰いたい。
いつか日本の試合にも出てね。」

パンは中日杯に出たよね?と、先生。
あ、じゃあもっと大きな大会ですね、NHK杯!(笑)なんて話を。
 
パンちゃんはかなりシャイな子。
目を合わせるのも恥ずかしいみたいで、チラチラと先生と私を交互に見ながら
抱えてるクッションをギュッと抱きしめてうふふふって笑っていました。
この子があの情熱的なカルメンを踊る子?と疑いました。

そして、パンちゃんのママがタイ語で多分
「お礼を言いなさいアリガトウゴザイマスって」と促して、
ようやく少し笑顔で「アリガトウゴザイマス」と言ってくれました。

Punn TANNIRANDORN

この名前が、日本のスケートファンに知れ渡る日が来ますように。
頑張って、上を目指して欲しいです。その力は持っていると思いますので。
- comments(0) trackbacks(0)
comment









trackback
http://satsuki-kana.jugem.jp/trackback/476
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
MOBILE
qrcode
村元小月(むらもとさつき)
1990年5月15日生まれ
関西大学卒業
2013年選手を引退後はタイでフィギュアスケートの指導者として活躍中。
詳しくはこちら
村元哉中(むらもとかな)
1993年3月3日生まれ
2014年からアイスダンスに転向。クリス・リード選手と共に平昌五輪出場を目指しています。
関西大学4年生
木下クラブ

詳しくはこちら

メールフォーム