神戸から世界へ!の願いを込めて…「村元姉妹」こと、タイでフィギュアスケートの指導者として頑張る・姉「村元小月(さつき)」さんとアイスダンス日本代表の妹・「村元哉中(かな)」選手を応援するブログです。
2012近畿フィギュアスケート選手権大会


10月5日〜8日、滋賀県立アイスアリーナで開催された
「2012近畿フィギュアスケート選手権大会」に、村元姉妹が出場しました!

大会結果ページ
http://www.jsfresults.com/National/2012-2013/fs_j/block5/index.htm

■小月選手(総合1位)

6分間練習、サルコウが抜けて?転倒して壁にぶつかってしまい冷や冷や。

その影響か?珍しく3Sでミス。それ以外はまとめて来ましたね。
最後の近畿ブロックですからね。百戦錬磨の大ベテラン、鋼の心臓、安心安全の安定感etc
とにかく、緊張とは無縁の小月選手とて、さすがに緊張したのかも…と思いました。
試合後に「やっぱり緊張してた?」と尋ねると、小月選手ってば涼しい顔をして
「緊張はしてなかったですよー。でも、なんか体がふわふわ浮いてるみたいで。
ジャンプも普段はあんなところでミスしないんだけどなぁ〜」


…お姉さん、人はそれを「緊張」と呼ぶのです^^;

壁に当たったのは、けがもなく影響していないことの事でした。


フリー。前半がリズミカルなアフリカンテイストの振り付けで
後半が、小月選手お得意の優雅なスケーティングを堪能出来る。
一粒で二度美味しいOut of Africa。

まずは3Lo、一緒に観ていた方が「さっちゃん、ループ降りてニヤリってしましたね」と
言っていたのですが、加点も+1.12つく選手も納得のジャンプだったのでしょう。
続く3Sが2Sに。ショートと言い、サルコウが鬼門なのかしら???
しかし、そこから後はほぼノーミスの圧巻の演技!
前半の2Sのミスを、後半のコンビネーションにしてリカバリー。
却って、後半にコンビネーションが3つ入ったのもよかったかもしれませんね。
2Sになって以降、特に後半からのパートでお客さんが小月選手の世界に
惹き込まれているのを肌で感じました。点数が出てからの会場のどよめきといい、
シーズン入ってから、小月選手にはドキドキさせられっぱなしです!


■哉中選手(総合5位)


単独3T、コンビネーションの3S2Tも問題なく決めて。
難しい繋ぎなども多いし、スローな曲はごまかせません。
その中で、スピンもステップもスムーズに。抜群の安定感。
曲と体の動きがシンクロしています。うっとり見つめていたい世界です。
あとは2Aだ、アクセルはどんなに調子が悪くても成功率悪くないし
このままノーミスでいっちゃう?と、ドキドキワクワクしながら見守る中…


まさかの…


華 麗 な る シ ン グ ル ア ク セ ル \(^o^)/


吉本新喜劇並みに会場がずっこける(笑)濱田コーチもずっこける(笑) 


…お嬢さん、やってくれるぜ!

フリーは、最終滑走のプレッシャーもあったかもしれません。
ちょっと表情が硬かったもんね。
ジャンプ自体には問題ないのですが、3Tを入るコースを変えたらしく
それにまだ対応出来なかった部分があったかも?とのことです。


哉中選手の実力からすると、決していい点数ではないのですが、
8月のサマーカップ、夏の大遭難を見ているので「あの時よりはマシよねぇ」と
笑って受け入れるぐらいの余裕はあったりします。
あの夏の演技は、村元ママが
「ダブル、ダブルの連続で最後はスリージャンプって!曲掛け練習か!3点台出されるわ!」
と、お怒り心頭だったので…そこからは、進歩出来ていると思うし
毎年スロースターターなので、余り心配はしてません^^;
映画のブラックスワンと同じく、主人公も舞台に立つまで悩んだりもがいたりして
「リアルブラックスワン」だと思えばいいのかな?(笑)



表彰式。




さすがに女子に衣装コール及びブーイングはしない優しいファンたち^^;
(シニア男子はブーイングされ衣装に着替えさせられてたのです(笑))


近畿ブロックの優勝は3年ぶり3度目。
シニアデビューの年、大学1年生の時、そして今回と。
若手選手の台頭もあり、小月選手とて簡単に表彰台とは言えないかも?と
心配していたのですが、さすが大ベテランと言った形の文句なしの優勝でしたね!



衣装と共にパチリ。
紫と、小月選手のトレードマークの緑がいい感じにマッチしてますね。


ファンの撮影に応えている最中、
近くにいた選手たちも「さっちゃん盗撮〜!」と、カメラを一斉に向け始め
小月選手も大爆笑。掲載上、比較的お上品な顔のセレクトをしましたが
大きく口をあけて、ワハハハハ!と声が聞こえるんじゃないかって位の
いい笑顔のショットも多数撮影されていました^^


はい、妹〜!と、呼び出された妹(笑)


表彰台は惜しくも逃したのですが、選手仲間と写真を撮っていたり
ケロッとしていたので、落ち込んではいなかった様子でホッとしました^^


この後「村元サンド〜」と言いながら、3ショット撮影会が繰り広げられました。
村元サンドってなんだ??にぎやかな表彰式なのでした。


[姉妹]試合・エキシビション comments(0) trackbacks(0)
comment









trackback
http://satsuki-kana.jugem.jp/trackback/438
CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
MOBILE
qrcode
村元小月(むらもとさつき)
1990年5月15日生まれ
関西大学卒業
2013年選手を引退後はタイでフィギュアスケートの指導者として活躍中。
詳しくはこちら
村元哉中(むらもとかな)
1993年3月3日生まれ
2014年からアイスダンスに転向。クリス・リード選手と共に平昌五輪出場を目指しています。
関西大学4年生
木下クラブ

詳しくはこちら

メールフォーム