神戸から世界へ!の願いを込めて…「村元姉妹」こと、タイでフィギュアスケートの指導者として頑張る・姉「村元小月(さつき)」さんとアイスダンス日本代表の妹・「村元哉中(かな)」選手を応援するブログです。
その10「小月選手・進退と将来の夢」


-大学4年生となりました。来シーズン以降の進退について。



小月「今のところは何も決めてないのですが…やはり、ここまでスケートを頑張って来たので
何かしらの形でスケートには繋がっていきたいなとは思っています。
コーチとか、ショーに出演したり、ジャッジになるとか。
どれになるのかはまだ全然分からないのですが、
とりあえずスケートには関わっていたいなとは思います。」



-競技の方は大学卒業で引退、とは決めていないんですね?



小月「とりあえず、来シーズンが最後のシーズンだと思っては滑っていますね。
来シーズン以降は終わり方次第ですかね。
(終わり方次第では来シーズン以降も現役続行も考えているとの事)」
哉中「(もう引退のシーズンなんて)早いですねえ…」



-もしかすると…哉中選手が現役を続けている内に小月選手がジャッジ席にいたり



哉中「いるかも!(笑)スペシャリストの席とかにいるかも!」
小月「哉中には厳しく採点してね」



-「なんか今日は厳しいなぁ」って思って見たら…



小月「(ジャッジの名前確認したら)村元小月、と(笑)」
哉中「そうなったら面白いよね」
小月「めっちゃ面白いと思うよ」



-で、ジャッジしながら神崎範之さんみたいに国体に選手として出てみるとか。



小月「それめっちゃ頑張らないと(笑)」
哉中「兵庫県の女子選手は結構いっぱいいるから(引退した選手が)でなくてもいいと思うけど…」
小月「まぁね(笑)」



-小月選手はジャッジに興味があるんですね。



小月「ジャッジに興味ありますね。英語は自分の1番の強みなので、
国際ジャッジになって、語学力を生かせたらなぁと思っていますね」


一応、来シーズンを最後のつもりではいるとの事です。
将来については、プロスケーターにも興味があるみたいなお話もされていて
どのような道を進むかは分かりませんが、引退後も何だかんだ言いながらも
小月選手にはお会いできるのかな?と思っています。

対談インタビュー2012 comments(0) trackbacks(0)
comment









trackback
http://satsuki-kana.jugem.jp/trackback/430
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
MOBILE
qrcode
村元小月(むらもとさつき)
1990年5月15日生まれ
関西大学卒業
2013年選手を引退後はタイでフィギュアスケートの指導者として活躍中。
詳しくはこちら
村元哉中(むらもとかな)
1993年3月3日生まれ
2014年からアイスダンスに転向。クリス・リード選手と共に平昌五輪出場を目指しています。
関西大学4年生
木下クラブ

詳しくはこちら

メールフォーム