神戸から世界へ!の願いを込めて…「村元姉妹」こと、タイでフィギュアスケートの指導者として頑張る・姉「村元小月(さつき)」さんとアイスダンス日本代表の妹・「村元哉中(かな)」選手を応援するブログです。
その4「得意なエレメンツとお互いの良い所」

-ファンの方からの質問です。得意なジャンプ(エレメンツ)は何ですか?


小月「ジャンプはそこまで得意じゃないので…確実に飛べるものを入れています。
エレメンツと言うよりもスケーティングですね。海外の試合では高く評価して頂いているので、
日本でも同じように評価されると良いなと思っています。」


哉中「自分ではスピンだと思っています。スケーティングが良くなったともよく言われます。
(周囲からは)スケーティングが好き、と言う風にも言われます。」


-小月選手から見て、哉中選手の優れている所はどこですか?


小月「哉中は…ジャンプ以外全部いいです(笑)
あとはジャンプさえ飛べたらトップの選手と戦えるぐらいのものは持っているので」
哉中「それいつも言われる(笑)」
小月「(自分もよく)言われます(笑)」

-哉中選手から見た、小月選手の優れている所はどこですか?


哉中「試合に強いです。メンタル的にすごく強いし、全日本でも緊張はしていると思うのですが
いつも落ち着いていて、楽しもうという気持ちがいつも出ているから。凄いな〜って思っています」


-哉中選手も一時期に比べたら緊張しなくなったんじゃないですか?


哉中「わはは(笑)」
小月「だいぶマシにはなりましたよ(笑)」
哉中「…だいぶ自信がついて来たかな?とは思います(笑)」


-小月選手はまずジュニア時代からの経験が違いますよね。


哉中「(さっちゃんは)世界ジュニア行ったもんね」
小月「ふふふ(笑)」
哉中「世界ジュニアに出たって凄いよね!」



小月選手は、2007年世界ジュニア選手権の代表選手として11位の成績を収められました。

アシュリー・ワグナー選手、長洲未来選手、キャロライン・ジャン選手はもちろんの事、
エレーナ・グレボア選手、現在はペアで活躍中のステファニア・ベルトン選手。
惜しくも引退されましたが、ラウラ・レピスト選手。
SP落ちしていますが、ヴィクトリア・ヘルゲソン選手も。
現在、世界の第一線で活躍する選手が多く出場されていた大会でしたね。

ちなみに…12位が、今シーズンの銀メダリストのアリョーナ・レオノワ選手で
あの時、さっちゃんは11位で、レオノワは12位だったんだよと言う話をしたら
小月選手「そうだったんだ〜。全然覚えてない!」と言ってました^^;

http://www.isufs.org/results/wjc2007/CAT002RS.HTM


対談インタビュー2012 comments(0) trackbacks(0)
comment









trackback
http://satsuki-kana.jugem.jp/trackback/424
CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>
MOBILE
qrcode
村元小月(むらもとさつき)
1990年5月15日生まれ
関西大学卒業
2013年選手を引退後はタイでフィギュアスケートの指導者として活躍中。
詳しくはこちら
村元哉中(むらもとかな)
1993年3月3日生まれ
2014年からアイスダンスに転向。クリス・リード選手と共に平昌五輪出場を目指しています。
関西大学4年生
木下クラブ

詳しくはこちら

メールフォーム